じーめん速報ニュース関西情報局

関西のニュース、スポーツ、エンタメ、トレンド、グルメ、観光スポット、2ちゃんまとめなどありとあらゆる情報お届けします。

    滋賀ニュース

    蔵元が造った地酒を味わえる近江の地酒電車



    8bf4dcee
    出典/blog.livedoor.jp

    近江鉄道(彦根市)は、電車に揺られながら沿線の蔵元が造った地酒を味わえる「近江の地酒電車」を28日から走らせる。

    3月4日までの毎週木、金、土曜日と2月10日(11日は無し)に1日1本、貸し切りで運行し、昨年より2本多い17本が出る。

    日によって彦根、八日市、近江八幡駅を各発着点とする電車がある。
    出典Yahoo!ニュース


    近江の地酒電車運行スケジュール



    jizake-jikan_qypyqcgxyzsqprgjyjnnkrpfjlfspspq
    出典ohmitetudo.co.jp

    乗車定員

    予約制 72名

    予約方法

    ご乗車日の5日前までに電話(0749-22-3303)にてご予約ください。

    ご乗車日の5日前までに各発売場所でチケットをご購入ください。

    チケットの払い戻し手数料は以下の通り

    ①ご乗車日の4日前まで220円
    ②3日~2日前まで1,100円
    ③前日および当日は払戻しできません


    a7956f3e
    出典/blog.livedoor

    831614d7
    出典blog.livedoor.jp

    近江鉄道とは

    近江鉄道の鉄道事業は地味すぎるうえ、あからさまな額ではないが赤字経営である。

    しかし、創業以来一度も社名を変えていなかったり、いつ潰れるか解らないような状況でスタートし、現代でも借金にまみれながら経営できているなど、「地味に凄い」という側面をも持つ。

    最近は殆ど全ての車両に打楽器が組み込まれ、そこから走行中に「ガチャコーン、ガチャコーン」と音が出て、いつの間にか地元民から「ガチャコン電車」とまで呼ばれるようになった。

    運賃は高いが、土休日限定で全線1日フリーきっぷ「1デイ・スマイルチケット」が800円で販売されている。

    彦根駅に隣接する彦根工場は、地方私鉄の割に必要以上の頑張りを見せており、

    車体の新規制作や電車の大幅な改造さえいとも簡単にやってのける
    出典ja.uncyclopedia




    26年ぶり開帳

    滋賀県甲賀市土山町野上野の白毫(びゃくごう)寺は21日午後1時半から法要を営み、秘仏になっている「木造薬師如来立像」を26年ぶりに開帳する。

    開帳は、新しい住職が就任する晋山式に先立ち実施する。同寺は平安末期の創建。


    20151119152840butu
    出典kyoto-np.co.jp

    もとは天台寺院で信長の兵火により焼失し、その後、曹洞寺院として開山した。本尊の十一面観音立像は県指定文化財。

    開帳される薬師如来(高さ59センチ)は、寄せ木造りで鎌倉時代の作とみられる。

    12月13日まで開帳する。無料。11月22、23日は一般の参拝はできない。同寺TEL0748(66)0669。


    この記事にネットの声は?

    ・チョンがくるぞー

    ・寺の秘仏って、秘仏の絶対条件は有るのかな

    ・韓国人に 気をつけろ



    引用
    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1447931852/





    女性2人の胸などを無理やり触ったとして、滋賀県警大津署は19日、強制わいせつの疑いで、大津市内の県立高校1年の男子生徒(16)を逮捕した。「間違いない。すいませんでした」と容疑を認めている。

    police_jisyu


    逮捕容疑は、今年9月8日午後11時半ごろ、JR大津駅近くの路上で、帰宅途中の女性会社員(21)に背後から近づき、手で目を隠して胸などを触ったほか、同月19日午後7時15分ごろ、同駅周辺で県立高校3年の女子生徒(18)の背後から白いタオルで目隠しをして胸を触ったとしている。

    同署によると、両日とも男子生徒は白いタオルを所持していた。今年8月下旬から、同駅とJR膳所駅周辺では、背後から近づいてきた男による別の強制わいせつ事件が4件発生。いずれも容疑者は白いタオルを持っていたといい、同署が関連を調べている。




    引用
    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1445230503/




    滋賀県東近江市内のスポーツ少年団バレーボール部に所属していた当時小学4年の女子児童が、練習中に指導者の命令を受けた複数の部員に殴られて負傷し、心的外傷後ストレス障害(PTSD)になったとして、指導者3人に対し、慰謝料など計約1千万円の損害賠償を求め、月内にも大津地裁彦根支部に提訴することが19日、分かった。

    女児の代理人弁護士などによると、2012年5月、同市内の小学校体育館で練習中、30代の男性コーチが、サーブを失敗した女児の背中を1人ずつ平手打ちするよう、他の部員8人に命じた。女児は全治約5日間の打撲傷を負ったうえ、殴られた部員のいる教室に行けなくなり、物音に過敏に反応するなどPTSDも発症した、としている。

    弁護士の説明では、男性コーチは最初、顔をたたくよう指示したが部員たちが嫌がったため、背中の平手打ちを命じた。当時、現場には女性監督と別の30代の男性コーチがいたが、黙認したという。女性監督は取材に対し、「子どもたちに緊張感を持って練習してほしかった。悪気はなかった」と話している。

    指導者3人については、女児から刑事告訴を受けた東近江署が4月に傷害容疑で書類送検した。7月に傷害罪で略式起訴され、東近江簡裁は20万~30万円の略式命令を出したが、3人は処分を不服として正式裁判を申し立てている。







    引用
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1442717254/




    このページのトップヘ