じーめん速報ニュース関西情報局

関西のニュース、スポーツ、エンタメ、トレンド、グルメ、観光スポット、2ちゃんまとめなどありとあらゆる情報お届けします。

    PC  スマホ ゲーム

    iPhoneの時計重大なバグが見つかった



    iPhoneの時計を特定の日時に設定するとデバイスが使用不能になる、という重大なバグが見つかったようです。

    ios_clock_bug_1970_0
    出典iphone_clock

    この新しいバグは、時計を「1970年1月1日 13:00」に設定して再起動すると、アップルマークで止まってしまい、デバイスが起動しなくなるというものです。

    この状態になると、デバイスの強制的な再起動や復元等でも元に戻らず、使用できない状態になるとのこと(いわゆる文鎮化)。

    現在のところ有効な対処方法がなく、ジーニアスバーに持ち込むしかない模様ですが、数時間経過すると直るという報告もあるようです。
    出典iphone_clock


    このバグをデモンストレーションしている動画がこちら

    絶対に試さないで下さい



    この記事にネットの声は?

    ・とりあえずその時間に設定できないようにすればいいだけだから対処は楽だろ
     さっさと修正しろよ

    ・誤って197年1月1日にする奴いねえよ

    ・さっそくやってみたけど大丈夫だったよ

    ・想定外の操作をサポートしてないから
     あんなショボいスペックでも動作が軽いんだね

    ・隠しコマンド

    ・ええ!ちょっと誰か試してみて!




    iPhoneのバッテリーは寒さに弱い?


    iphone6-plus-box-silver-2014_GEO_US
    出典apple.com
    さっき充電し終えたばかりのiPhoneが、もうバッテリー切れ寸前――

    こんな体験談がネット上に数多く寄せられている。寒さが厳しいこの季節、外で操作した際によく起こるようだ。

     ツイッターでも最近の冷え込みのせいか、「寒さで(iPhoneの)電源が落ちる」「(iPhoneは)寒さに弱いみたい」という「体験者」の報告が急増している。

    スマートフォン修理店は「まず考えられない」と話すが、真相は...。
    出典Yahoo!ニュース







    Apple公式サイトの見解は?
    iOS デバイスは環境温度 (周囲の温度) が 0° ~ 35℃ の場所でお使いください。

    低温下や高温下では温度調整のためにデバイスの動作が変化することがあります。

    0℃ 以下の極端な低温下で iOS デバイスを使うと、一時的にバッテリーの消耗が早くなったりデバイスの電源が切れたりすることがあります。

    より温度の高い場所にデバイスを戻すと、バッテリーの駆動時間も通常の状態に戻ります。
    出典apple.com


    この記事にネットの声は?

    ・低音ホッカイロを張って持つのがおすすめ。中に汗かく可能性があるけどね。

    寒冷地の野外でネックストラップに入れていたとき、確かに通常では考えられない早さでバッテリを消耗したので、慌ててモバイル充電器に挿したことがある。

    あいふぉん は 防水でもない・ガラスがすぐ割れる・修理はアップルストアじゃないとダメ・寒さに弱い 等々 問題が多いな!

    ・バッテリーってそういうものですよね。

    これiPhoneに限ったことではないですよ。

    ・ガラケー時代からあった現象だし、新品でも起こる。東京ぐらいの寒さでも起こる。

    ・暑くてもダメ、寒くてもダメ……シビアなんですねぇ。
     どおりでここ数日減りが早いと思った、スマホに腹巻してあげないと。

    ・逆に暑すぎるともっと良くない




    ColecoVision(コレコ)

    151221coleco01
    出典gizmodo.jp

    コレ、見覚えありますか?

    80年代前半、すでにゲームが大好きだった方にとっては当たり前だと思いますが、ColecoVision(コレコ)をプレイしたことはあるでしょうか? 息の短いゲーム機ではありましたが、当時のアーケードゲームを自宅で遊べるようにした革新的な機種でした。


    そんな知る人ぞ知る懐かしのゲーム機が、なんとカムバックします! そうです、ちゃんとゲームソフトをプレイできる、新しい家庭用ゲーム機としてコレコが戻ってくるんです。


    88738391
    出典bit-games.com

    帰ってきたコレコの新しい名前はColeco Chameleon。完全に21世紀のゲーム機でありながら、20世紀の8ビット、16ビット、32ビットのタイトルをプレイでき、さらに同じくレトロな画面が楽しめる新しいタイトルも発売される予定です。


    言わばコレコは、スマートフォンからSteamまで多種多様なプラットフォームでヒットし続けてきた、レトロな雰囲気漂う2Dタイトルへの根強い人気に目をつけ、新たに商品化することにしたわけです。


    「言い得て妙ではあるが、この最新のレトロ・ビデオゲームシステムが、コレコというブランドに革新をもたらし、新しい活力を与えることになる。」と、コレコパートナーのChris Cardillo氏はプレスリリースで発言しています。


    ちなみに、今回のプロジェクトはChris CardilloとRetro Video Game Systemsという会社が共同で行われたものですが、まだ販売価格がいくらになるといった情報は公開されていません。しかし来年には店頭に並ぶと思われ、2月にはToy Fair New York 2016にてお披露目される予定です。


    この記事にネットの声は?

    ・ガラクタ

    ・光線銃がサポートできない。


    引用
    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1451700161/




    スターバックスアプリ

    朝、家を出る際にアプリでコーヒーをオーダーし、5分後、駅前のスターバックスでピックアップする。今年9月からスターバックスが米国で始めた事前オーダーアプリにより、そんなことが可能になった。

    しばらくスタバから遠ざかっていた筆者も、このアプリをきっかけにスタバの利用頻度があがった。アプリの使い勝手や店舗側のオペレーションをリポートしたい。


    640x640_rect_20359383
    出典tabelog.com

    まずは使い勝手が非常にシンプルである。アプリを起動すると最も近い店を指定してくれる。ルート付きの地図とともに自分がいる場所から徒歩で何分、車なら何分かが表示される。

    ほかの店舗を選ぶことも可能だ。深夜に起動したら、開店中の店で、最も近いスタバが表示された。


    店舗が決まったらメニューからオーダーを決める。ラテのカスタムなど複雑な注文も可能だ。スタバ専用のカードかクレジットカードで支払いし、店に向かう。

    既に注文したラテが出来上がっていた。お昼時ということもあり、レジ前には行列。これまでならば10分は待たなければならなかっただろうが、1分にも満たなかった。

    通常だと店員がカップに注文内容を書き込み、バリスタに渡す流れだが、アプリ経由の注文は、レジ横の機械から注文内容がかかれたシールが出てくる。それをレジスタッフがカップに貼りつけ、バリスタに渡す。通常のオペレーションに組み込むことで、全米7400店舗で始めることができたのだろう。


    課題は予約注文ができない点だ。通常のフローに組み込むためだと思われるが、「1時間後に注文する」といったことができない。熱々のコーヒーを飲むためにも、今後期待したい機能だ。

    店舗で注文するのとアプリで注文するのとでは、待ち時間が数分の差しかないと思う人もいるかもしれない。だが、忙しい人にとって、その数分の差が価値がある。筆者の周りでも1度利用した人は2度、3度とリピーターになっている。


    この記事にネットの声は?

    ・複雑なオーダーも可能とかドヤ顔で言ってねえで
     メニューをシンプルにしろよ

    ・さっさと日本でもやれや

    ・アニメ日常の注文シーンは面白かったな。

    ・呪文

    ・月500万件の注文でアクティブユーザーが1600万人?
     全然アクティブじゃないな



    引用
    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1450610662/




    HTML5への移行を

    時代の変遷を痛感させられます……。

    ウェブ上で、ダイナミックなリッチコンテンツを実現してきたFlash。モバイル分野でも主役を果たしたかったはずですが、アップルやグーグルは手を貸してくれませんでした。それどころか、最近は深刻な脆弱性が次々と見つかって、ChromeやFirefoxブラウザーからも締め出される始末。

    本丸のウェブとデスクトップでもFlash離れの動きが加速していましたよね。

    Adobeは、業界標準のパイオニアとなり、普及を担い続けてきた。標準を受け入れるのみならず、新たな標準の創造にさえ努めてきたのだ。

    Flashは、ウェブに新たな可能性をもたらす主導的な役割を果たしてきた。オーディオからアニメーション、インタラクティブな機能から動画にいたるまで、ウェブの発展にFlashが果たした役目は大きい。

    だが、HTML5を始めとするオープンなウェブ標準が浸透し、かつてはFlashが担っていた多くの役割を果たすようになってきた。我々のユーザーからも、こうした複数の標準をサポートするクリエイティブアプリケーションを求める声が大いに高まっており、そのリクエストに応じることになった。

    決してAdobeがFlashの欠陥や失敗を認めたわけではありません。しかしながら、このほど公式ブログには、こうした説明が掲載され、FlashからHTML5への移行を、Adobe自らがサポートしつつ、デベロッパーに移行を推奨するメッセージが出されています。


    svg
    出典wikipedia.org

    まず、Adobeは、Flashコンテンツの作成に用いられてきた「Flash Professional CC」を、今後は「Animate CC」へ切り替えることを発表。HTML5 Canvas、WebGL、Flash(SWF)、AIR、SVGなど、豊富なフォーマットでのコンテンツ作成を強調したネーミングが採用される形となりました。

    数多くの新ツールを搭載し、新たに生まれ変わった「Adobe Animate CC 2015」は、Creative Cloudスイートの新バージョンに含まれてリリースされる予定です。

    さらに、Adobeは、デスクトップブラウザー向けに、新しいHTML5動画プレイヤーのリリースを表明。Flash Playerに代わるHTML5 Playerなる新プラットフォームによって、なんとか今後もリッチコンテンツの主導権を握っていきたい考えのようですね

    HTML5のような標準が、将来的には、あらゆるデバイスでウェブのプラットフォームとなっていくだろう。だが、新たな標準が普及していくまでは、Flashが、引き続きオンラインゲームやプレミアム動画などの分野で選ばれていくことに変わりはない。


    とはいえ、こうした将来を見越し、我々はコンテンツクリエイターに対して、新しいウェブ標準での制作に取り組むよう勧めたい。そして、今後も我々は、デザイナーやデベロッパーが、ウェブ向けに優れたコンテンツを送り出せるよう、最高のツールやサービスの提供に取り組んでいく所存だ。

    今回の発表を、こんなふうに締めくくったAdobe。まだすぐにFlashが消えゆくわけではなく、引き続きサポートの提供を謳うものの、時代の流れには逆らえない未練も残るメッセージ内容に感じられますよね。

    Flashが過去の古き良き思い出として語られるようになる時代も、そう遠くはないのかもしれません。

    この記事にネットの声は?

    ・何を今更

    ・Adobeが、システムや、ブラウザーを作ってるわけじゃないからね

    ・Flash使いづらい

    ・くそ重いんだもん


    引用
    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1449277186/




    このページのトップヘ