じーめん速報ニュース関西情報局

関西のニュース、スポーツ、エンタメ、トレンド、グルメ、観光スポット、2ちゃんまとめなどありとあらゆる情報お届けします。

    三重ニュース

    性的な部分を過剰に強調

    三重県志摩市が観光PRのために公認した海女のキャラクター「碧志摩(あおしま)メグ」が「性的な部分を過剰に強調していて不快だ」として、現役の海女を含む市民が公認撤回を要望していた騒動で、市は5日、公認撤回を決めたと発表した。

    撤回の理由を市は「キャラクターの作者から申し出を受け承認した」としている。


    ダウンロード
    出典sankei.com

    市によると、今年9月30日に海女の代表24人と、キャラクターの作者でイベント会社「マウスビーチ」(同県四日市市)を運営する浜口喜博さんらが話し合いの場を持ったが、海女さんの約3割が公認取り消しを求めたため対応を検討していた。

    浜口さんは「公認が重荷になってしまった。より動きやすくしたかった」と説明。大口秀和市長は「少なくとも海女さんには応援していただきたいが、現状ではそうでないことを考慮し、申し出を承認した」とコメントした。

    碧志摩メグは、浜口さんが「地域おこしのため」として提案。市が受け入れて昨年11月にデザインを公開したが今年8月、現役海女を含む309人分の公認撤回を求める署名が市と市議会に提出されていた。



    引用
    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1446706727/




    ハイジとアルプスの山々

     三重県桑名市長島町の「なばなの里」で23日、冬のイルミネーションの内覧会があった。今季のテーマは「アルプスの少女ハイジ」

    高さ約35メートル、横幅約120メートルの規模でマッターホルンなどのアルプス山脈を浮かび上がらせる。

    一般公開は24日から来年5月8日まで。


    hqdefault
    出典www.youtube.com

    テーマの景色は夜明けや月夜、四季の姿など、7分間で場面が10回切り替わり、ハイジたちも登場する。

    今年は英国人登山家のマッターホルン初登頂から150周年で、「なばなの里」を運営するナガシマリゾートが開業50周年を迎えた昨年がアニメ「アルプスの少女ハイジ」の放映40周年でもあることなどから題材を選んだという。




    引用
    http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1445682147/







    三重県は17日、診断書を偽造して、約7年間で計395日の休暇を不正に取得したとして、津総合県税事務所の女性主事(39)を懲戒免職にした。女性はこの間の給与約427万円を全額返還しており、県は告発を見送る方針。

    県によると、女性は2008年ごろから今年4月までの間、休暇取得の申請に必要な診断書や薬袋を、自宅パソコンで少なくとも100回以上偽造し、病気休暇を取っていた。4月に提出した薬袋の写しが、以前のものと細部まで酷似しているのを不審に思った上司が本人に確認し、不正が分かった。




    引用
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1442486862/




    岡本栄伊賀市長(63)は三日、白血球の数値上昇などの症状がある「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」で市内の病院に緊急入院した。快方に向かっており、数日で退院する見通し。

     市によると、岡本市長は同日未明に自宅の外で洗濯物を干そうとしたところ、右足の中指に痛みを感じ、登庁前に寄った病院で蜂窩織炎と診断された。

     傷口から細菌が入り込んだことが原因で、マムシかムカデにかまれた可能性が高いという。当初は発熱などの症状があったが、現在は収まっている。

     岡本市長が市内各地で開催している「市長と語る会」は、三日の阿保地区と四日の久米地区を延期する。四日に予定していた定例記者会見も中止となった。





    引用
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1438660647/




    津地検が押収物の還付手続きにのっとり、覚せい剤の持ち主を探す公告を庁舎前の掲示板に出している。掲示期間は6月23日から今月7日まで。分からなければ廃棄処分されるが、名乗り出た場合は現行犯逮捕される可能性が極めて高い。

    津地検によると、対象は覚せい剤1袋。平成20年、三重県内のスーパーでレジの下に落ちていた医薬品用のカプセルを店員が拾った。県警が調べたところ、中身は覚せい剤だった。覚せい剤取締法違反容疑で捜査したが持ち主は分からず、容疑者不詳のまま津地検に書類送検となった。

    検察関係者は「覚せい剤の還付公告はこれまでにもあったが、取りに来た話は聞いた事はない」としている。



    引用
    http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1436072597/




    このページのトップヘ